HOME > サービス内容 > 経理と記帳代行

サービス内容

経理と記帳代行

経理の目的は第一に、経営成績の把握です。経営状況をタイムリーに、かつ具体的な数字で目に見えるように示していくことです。極端に言えば毎日決算がベストですが、取引や支払が月単位で行われることが多いので、月次決算を基本にすることになります。月末日の夜には月次決算が終わって、問題があれば翌日には必要な対策を講じるという日程が究極の姿でしょう。

また、経理は、経理担当がするというよりも、取引をしている人がその場で、意識せずに、自然に経理処理できてしまうというのが理想でしょう。

そういう意味では、経理業務は社内で行うべきです。むやみにアウトソースするべきではありません。

ディード経営税務事務所は、御社が経理の仕組みを作り、社内に根づかせていく過程をお手伝いします。会計ソフトの導入、勘定科目の設定、領収書などの確証の保存はいうにおよばず、原価計算や部門別の損益管理をどのように行うべきか、アドバイスをいたします。

月次決算・経営分析

ディード経営税務事務所は、御社が社内で行った経理処理について、月次ベースでチェックし、さらに経営分析資料を作成します。定期的に会社を訪問して経営についてアドバイスすることを基本としています。

記帳代行

そうはいっても、経理担当者を確保する余裕がない会社、コストを優先したい会社など、会計業務をアウトソースしたいとお考えの会社もあります。その場合には、伝票や確証書類をお預かりして会計処理を行います。スピーディーな処理をモットーとしています。

会計の原則

ディード経営税務事務所は、「中小企業の会計に関する指針」に準拠した会計をお勧めします。「指針」に準拠することにより、筋肉質の財務になるとともに、財務諸表の信頼性が向上し、金融機関からの借入に力を発揮します。

経理業務報酬

経理業務支援と月次決算・経営分析の報酬は、月額顧問料としていただき、記帳代行の報酬を合わせていただきます。

お気軽にご相談・お問い合わせください
お気軽にご相談・お問い合わせください
電子書籍のご案内

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』
-その原則・特例と経過措置- 360円

『簡単解説20ヶ条 消費税率アップ』-その原則・特例と経過措置- 280円
amazon Kindleで購入

『転職の法律があなたを守る』
-転職の法律36か条- 280円

『転職の法律があなたを守る』-転職の法律36か条- 280円
amazon Kindleで購入
PDF版はDLMarketへ
税と社会保険のメルマガ
はたらく人のための無料相談事務所
新宿区の税理士事務所 小林秀男税理士事務所
新宿区の社労士事務所 小林秀男社会保険労務事務所
ディード経営税務事務所 facebook